中部大学総合情報センター

連絡先

連絡先

(教員)総合情報センター(@isc)メールシステムMail System of @isc

中部大学では、所属する教員(非常勤講師の方も含む)の方が授業、教育・研究活動等で電子メールを利用できるように、Tora-Netメールアカウント(教学系の総合情報サービスシステムのメールアドレス:)を配付しています。着任時に割り当てられているTora-Netメールアカウントは、利用者自身でご希望のメールアカウントに変更することが可能です。すでに他の方が取得されているメールアカウントには変更できません。
また、Tora-Netメールアカウント以外に、総合情報センターでは @iscメールアカウント()を発行していましたが、現在メールアカウントドメインの統合を検討しているため、新規発行を停止しています。

  • メールアカウントについての問い合わせ先: 

利用ガイドライン

@iscメールシステムとTora-Netメールシステムは、どちらもマイクロソフト社が提供する Microsoft 365 システムのメールサービスで、ウェブブラウザ上でメールの送受信ができるクラウド型メールサービス(Webメール)です。新規メールアカウントを作成される前にガイドラインをお読みください。

  • Microsoft 365 クラウドシステム利用ガイドライン [PDF] (学内専用)

@iscメールアカウントの新規登録

現在メールアカウントドメインの統合を検討しているため、新規発行を停止しています。


@iscメールアカウントのパスワードの変更

メールパスワードの変更は、「メールパスワード変更サイト」で行ないます。以下のURLから専用サイトにアクセスして、パスワードを変更することができます。
なお、パスワードの変更は、学内ネットワークに接続されたPCからのみ可能です。


メールの利用方法

   ブラウザでの利用(推奨)

@iscメールアカウントは、Microsoft Edge や Google Chrome 等のウェブブラウザを使ってメールを送受信することができるクラウド型メールサービスです。(「Outlook on the web」「OWA」「Web版Outlook」の名称で呼ばれています)。 インターネットに接続できる環境と、ウェブサイトを閲覧するためのウェブブラウザ(「Microsoft Edge」「Google Chrome」「Firefox」「Safari」など)があれば、いつでもどこでもメールサービスが利用できます。 ウェブブラウザを起動して、以下リンク「Microsoft 365 サインインのサイトへ」から、Microsoft 365 のサインイン画面を開き、@iscメールアカウントを入力して「Outlook on the Web」を利用します。

【Outlook on the Web の利用方法】
  • Microsoft 365 の初期操作 [PDF]
    ※  はじめて利用される方は、「Microsoft 365 の初期操作」からご確認ください。
  • Microsoft 365 サインインのサイトへ  https://portal.office.com
    ※  右側「サービスへのリンク」にある「 Microsoft 365 総合情報センター」も同じサイトが開きます。

   スマートフォンアプリでの利用

以下リンク先の Microsoft Webサイトをご参照ください。


   メールアプリでの利用(メールアプリによっては対応していないものがあります)

ウェブブラウザ以外に、Outlookアプリ、Thunderbird等のメールアプリ(クライアントアプリ)を利用して送受信することもできます。
メールアプリの設定方法は、以下の設定マニュアルを参照してください。
2022年10月1日からマイクロソフト社の仕様変更により、先進認証に対応していないメールアプリからのメール送受信はできなくなりました。先進認証対応について、詳しくはこちらをご覧ください。

【設定マニュアル】

【ご注意ください】メールが届かない場合(迷惑メールの判断について)

メールアプリを使う場合、マイクロソフトが自動的に迷惑メールと判断したメッセージは、メールアプリ側で受信することができません。そのため、メールアプリを利用される方は、どのメールが迷惑メールと判断されたか、随時、ご自身で確認する必要があります。
迷惑メールの確認は、「Outlook on the Web」 でログインして、「迷惑メールフォルダ」内をご確認ください。迷惑メールではないものが「迷惑メールフォルダ」に振り分けられていた場合は、該当のメールを表示し、『迷惑メールではない』と報告しておくと、次回から改善される可能性があります。その場合でも、「迷惑メールフォルダ」内の確認は定期的に行なってください。
なお、タイトルやメールの送信方法によって判断基準が違いますので、メールアプリを利用される方はこまめに 「Outlook on the Web」にて確認してください。

特に外部のメーリングリストは、迷惑メール判断されることが多くなっております。最近、メーリングリストのメールが届かないと思われたら、Outlook on the Web の「迷惑メール」フォルダに振り分けられている可能性がありますので、ご確認ください。

【アプリ利用時のメール接続情報】
項 目 Outlookアプリ
AppleMail
Thunderbird
電子メールアドレス ****
ユーザ名・アカウント名 メールアドレス( ****
パスワード @iscメールアドレスのパスワード
名前 送信相手のメール差出人欄に表示される表示名
アカウントの種類 Exchange POP3
受信メールサーバー(POP3) ----- outlook.office365.com
受信サーバー(POP3)ポート番号 ----- 995
暗号化の種類 SSL(SSL/TLS)
認証方式 ----- OAuth2
送信メールサーバー(SMTP) ----- smtp.office365.com
送信サーバー(SMTP)ポート番号 ----- 587
暗号化の種類 TLS(STARTTLS)
認証方式 OAuth2
送信サーバー(SMTP)は認証が必要 受信メールサーバーと同じ設定を使用
推奨設定 サーバーにメッセージのコピーを置く
    ※ 使用するメールソフトによって表記が異なります。

検疫メッセージのメールについて

@iscメールアドレス宛に「Microsoft 365 セキュリティ: 検疫にメッセージがあります」のタイトルでメールが届くことがあります。これは、@iscメールアドレス宛に送信されたメールが、危険な可能性があるメール(高確度のフィッシング、マルウェア、迷惑メール、バルクメール等)と判断され、Microsoft 365 Defender に保留したことを通知するメッセージです。
この検疫メッセージは、何もせず放置しておいても構いませんが、Microsoft 365 Defender に保留(検疫フォルダに移動)されたファイルは30日後には削除されますのでご注意ください。
なお、設定が不完全なメールサーバから送信されたメールや、大量に同じメールを送信するメーリングリストは、誤検知により検疫メッセージへ振り分けられてしまうことがあります。タイトルだけで必要かどうかわからない場合は、「メッセージのプレビュー」からメールの内容を確認して判断してください。
メールの内容を確認後、必要なメールであると判明した場合には、「リリースの要求」をクリックしてください。リリースの要求後、解放処理が行われ、受信トレイに該当のメールが配信されます。

  • 検疫されたメッセージの「メッセージのプレビュー」と「リリースに要求」の操作  [PDF]

受信トレイにメールが届かない場合は、総合情報センターまでお問い合わせください。

【検疫メッセージの例(日本語と英語)】
  

メールセキュリティ対策

迷惑メールは、システムが改ざんされて重要な情報を盗まれたりする恐れのある危険なものから、広告等の必要でないものまで、多種多様なものがあります。
@iscメールシステムでは、PCやシステム改ざんの危険がある添付ファイルについては利用者の手元に届くまでに可能な限り削除していますが、宣伝、広告のようなメールは、利用者ご自身で取扱いを決めていただく運用となっています。

  対  策 備  考
Microsoft 365
システム
規定値
A)送信ドメインのブラックリストチェック NDRの送信
(NDR:Non-Delivery Receipt/配信不能メール)
B)添付ファイルの種別ブロック(exe等) 添付ファイルの削除を行い、その旨をメール通知
C)添付ファイルのウイルス/マルウェア検査 添付ファイルの削除を行い、その旨をメール通知
D)URL Safe-Link検査 メール本文中のURLを置き換え、検査します。
利用者
の設定
E)迷惑メール:「迷惑フォルダ」への移動 システム規定値は「移動しない」
※一般的な迷惑メール対策は、システムとして実施しています。「メールが届かない場合(迷惑メールの判断について)」を必ずご確認ください。

ファイル送信サービス「DirectCloud」について(2023年6月1日提供開始)

Microsoft 365 メールでは最大100MBまでの本文と添付ファイルを送信することができますが、受け取る側のメール環境によっては最大30MBまでしか送信することができません。また、ファイルの拡張子(exe, ini, bat 等)によっては添付して送信できないファイルもあります。
「DirectCloud」はメールに添付できない大容量のファイルや、形式、種類を送信するファイルをクラウド上にアップロードし、リンク情報をメールで送信するサービスで、アップロードしたファイルにパスワードやアクセス回数、 期間等を設定できるため、セキュリティ的にも安心してご利用いただけます。

         DirectCloud利用の手引き(教職員用)   2023.12 更新

  • 中部大学に所属する教職員で、 のアカウントをお持ちの方にご利用いただけます。
  • 一度に送信できる最大データ量は、1GBまでです。
  • マイボックスの総使用量1GBまでアップロードできます。

※セキュアファイル便は、2023年5月31日をもちましてサービスの提供を終了しました。



OneDrive for Business について

OneDrive for Business は、Microsoft社が提供するストレージサービスです。
Office ドキュメントはもちろん、写真や動画などのさまざまなファイルをオンライン上に保存でき、バックアップにも最適なサービスです。
また、PCやタブレット、スマートフォンから、いつでもどこでも保存したファイルにアクセスができ、内容を編集することもできます。
なお、OneDriveに保存したファイルは、他の人(共有範囲条件有)と共有することもできますが、大切な情報が漏えいすることもありますので、共有する場合は注意が必要です。

OneDrive for Business の運用値は、以下のとおりです。

ストレージ容量 100GB/アカウント  2023.12 更新
【重要】2024年2月1日から@iscメールアカウントのOneDriveストレージ上限が100GBになります
共有の範囲 ISCサイト内(のアカウント保有者)
共有設定 参照のみ、あるいは編集可
その他 保存する情報の内容、共有の範囲および設定については、十分に確認ください。
なお、システム既定値は利用者自身のみの編集可設定となっております。

@iscメールアカウントの削除

退職等で不要になったり使用しなくなったメールアドレスをそのまま放置しておくことは非常に危険です。メールアドレスを停止(削除)する場合は、「電子メールアドレス削除届」を総合情報センターへご提出ください。

  • 電子メールアドレス削除届  [PDF]  [WORD]


メーリングリストサービス

以下のメールアドレスへ、ご連絡をお願いします。
※  学内向けサービスのため、学外の方は登録できません。

  

サービスへのリンク