中部大生のためのパソコンガイドBOOK2012年度(平成24年度)版
38/44

33 7.6. Officeのライセンス認証をする Microsoft Officeを使い始めるときはライセンス認証が必要です。 ●ライセンス認証 ライセンス認証とは、正規のMicrosoft Officeを使用してインストールを行ったことを確認する手続きです。 Microsoft Officeの不正使用を防止するために、認証サーバーと通信して、ライセンスが認められていることを確認します。 ライセンスには予め有効期限が決められています。Microsoft Officeのライセンス確認は定期的に行われ、その都度有効期限が延長されます。ライセンス確認を行わずに使用し続けると、ライセンスが失効し、ソフトウェアの機能が制限された状態になります。 なお、ライセンスの有効期限の延長はe-Netへ接続することで自動的に行われます。 ライセンス認証を行う手順を説明します。 手順1. 本学学内にてノートパソコンをインターネットに接続します。 (e-Netの利用者認証画面で利用者IDとパスワードを入力してください。) 手順2. ダウンロードフォルダーに移動します。 手順3. ライセンス認証ツールを実行します。 これで、Microsoft Office 2010のライセンス認証は完了です。 注意! ライセンス認証は必ず実行してください。 「ダウンロード」をダブルクリック 注意! 「KMSAttestation」を実行しても画面には 何も表示されません。 KMSAttestation 「KMSAttestation」をダブルクリック

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です