中部大生のためのパソコンガイドBOOK2012年度(平成24年度)版
10/44

5 3. インターネットへの接続 この章では、本学の情報コンセントを使って(有線LAN)ノートパソコンをインターネットに接続する方法を説明します。講義室や学生ラウンジでのインターネットの利用は有線LANを基本としていますので、必ず手順を覚えてください。(学部・学科専用の施設などでは、ここで説明する手順と異なる場合があります。施設ごとの指示に従ってください。) 大学内で有線LANを使用する際の注意点 3.1. 情報コンセントに接続する ノートパソコンを使用する授業が行われる講義室の机には、情報コンセントと電源コンセントがそれぞれ用意してあります。インターネットに接続するときはLANケーブルでノートパソコンを情報コンセントに接続します。 ●LANケーブル ノートパソコンと情報コンセントをつなぐために使用する通信用ケーブルです。 LANケーブルは各自で用意し、ノートパソコンとともに持参してください。(一般的にLANケーブルはノートパソコンの付属品には含まれていません。本学が紹介したノートパソコンはLANケーブルをセットで販売しました。) 「カテゴリー5または6、10BASE-T/100BASE-TX、ストレート」などの表記があるもので、長さ1m程度のものを準備してください。 ノートパソコンの有線LAN(ローカルエリア接続)の設定は「IPアドレスおよびDNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」状態(初期値)であることを前提としています。 電源コンセント 情報コンセント

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です