ポストコロナ時代をどう拓くのか?―科学・文化・思想の「入亜脱欧」的シフトに向けて―

飯吉 厚夫/野中 ともよ/林 良嗣/ 編著
出版社:明石書店
出版年:2022年
価格:3,200円(税別)
ISBN:9784750353722

20世紀西欧型経済成長至上主義がなぜ経済、政治、気候、感染症の危機を地球社会にもたらしたのか?それを立て直し、ポストコロナ時代を拓く「いのち」を軸とした新たな「地球価値」とは?さらに「地球人」とは?そして、日本の文化と科学技術、アジア的価値はどう貢献できるのか?本書はローマクラブの名誉会長・会長らメンバー8名と日本人識者の討議をまとめた記録です。

出版社の紹介サイト明石書店
オンライン書店へのリンクamazon.co.jp

交通・都市計画のQOL主流化―経済成長から個人の幸福へ―

林 良嗣/森田 紘圭/竹下 博之/加知 範康/加藤 博和 編
出版社:明石書店
出版年:2021年
価格:4,950円(税込)
ISBN:9784750352268

人口減少時代の道路交通に対して、経済規模拡大・経済効率性の観点のみではなく、接続する交通ネットワークや心を癒す地域の関連環境の整備を含めた、市民への統合効果としてはかる、クオリティ・オブ・ライフ(QOL)による評価法の確立を目指す。

出版社の紹介サイト明石書店
オンライン書店へのリンクamazon.co.jp

Frontiers in High-Speed Rail Development

Edited by Hayashi Yoshitsugu, Rothengatter Werner, Seetharam, K. E.
出版社:ADBIPress
出版年:2021年
ISBN:978-4-89974-237-1 (Print)978-4-89974-238-8 (PDF)

High-speed rail (HSR) development has been recognized as an important policy tool for regional development around the world, notably in Asia and Europe. However, the introduction, development, and evolution of HSR have also attracted debate on complex issues, such as project appraisal, the wider economic benefits for regional and national development, the quality of life impacts on society, cohesion and social equity concerns, and the diversity of the challenges faced during execution. While transport corridors have led to substantial benefits in many countries and regions, there have also been cases resulting in HSR patchworks rather than networks.
This book encompasses comprehensive discussions and insights into the prevalent frontiers in HSR development, drawing on global cases and past experiences. Its objectives are to analyze and enhance the current state of understanding of HSR for policy making and expand its frontiers for future projects. Frontiers in High-Speed Rail Development is organized in six parts and offers readers stimulating ideas and new perspectives that will advance their knowledge of HSR development and planning.

Download

Handbook on High-Speed Rail and Quality of Life

Edited by Yoshitsugu Hayashi, KE Seetha Ram, and Shreyas Bharule
出版社:ADBIPress
出版年:2020年
価格:$39 (Paperback)
ISBN:978-4-89974-201-2 (Print)978-4-89974-202-9 (PDF)

Handbook on High-Speed Rail and Quality of Life outlines global experiences of high-speed rail development, including its construction, impacts, and planning, with a special focus on countries that are planning implementation in the coming decade. High-speed rail infrastructure can bring considerable socioeconomic benefits that cannot be captured through econometric modeling alone. Thus, analysis of the true impacts requires a scalar as well as a temporal lens. The studies in this handbook discuss transport infrastructure projects of varying geographic scale and describe the underlying complexities of developing an infrastructure system while focusing on the aspects that can enhance quality of life.

Download

ローマクラブ『成長の限界』から半世紀 Come On! 目を覚まそう!
――環境危機を迎えた「人新世」をどう生きるか?

エルンスト・フォン・ワイツゼッカー/アンダース・ワイクマン(編著)
林良嗣(分担筆)
林良嗣/野中ともよ(翻訳・監修)
中村 秀規/森杉 雅史/柴原 尚希/吉村 皓一(翻訳)
出版社:Springer
出版年:2020年
価格:6,477円+税
ISBN:978-3030390587

地球と人類の未来に向けて提言を続けるローマクラブが、ベストセラーとなった最初の報告書『成長の限界』以降50年近くを経て贈る本格的なレポート。人新生・SDGsの時代に、地球環境と人類社会の持続のため何ができるかを様々な視点から探究する。

オンライン書店へのリンク amazon.co.jp

Balancing Nature and Civilization - Alternative Sustainability Perspectives from Philosophy to Practice

Yoshitsugu Hayashi/Masafumi Morisugi/Sho-ichi Iwamatsu
出版社:Springer
出版年:2020年
価格:6,477円+税
ISBN:978-3030390587

This book is an outcome of an international symposium: Sustainability –Can We Design the Future of Human Life and the Environment? which was held as a satellite event of the “Love the Earth”-Expo 2005 (Aichi, Japan).

オンライン書店へのリンク amazon.co.jp

環境共生の歩み 四日市公害からの再生・地球環境問題・SDGs

林 良嗣/森下 英治/石橋 健一/日本環境共生学会 編
野中ともよ/朴恵淑/種橋潤治/馬路人美/鶴巻良輔/岡田昌彰/森智広/那須民江/沖大幹/溝口勝/遠藤和重 著
出版社:明石書店
出版年:2019年
価格:2,900円+税
ISBN:978-4750349039

日本環境共生学会の20周年記念刊行物。日本の環境問題の原点ともいえる四日市市の公害克服の歴史と現在のコンビナート夜景観光に至る取り組みを考察し、世界的な環境共生の歩みをローマクラブ「成長の限界」や最新テーマであるSDGsも含めて論ずる。

オンライン書店へのリンク amazon.co.jp

持続可能な未来のための知恵とわざ――ローマクラブメンバーとノーベル賞受賞者の対話 (名古屋大学環境学叢書)

林 良嗣, 中村 秀規 編
エルンスト・フォン・ワイツゼッカー, 赤崎 勇, 小宮山 宏, 天野 浩, 飯尾 歩 著
出版社:明石書店
出版年:2017年
価格:2,500円+税
ISBN:978-4750345512

72年に出版された「成長の限界」で知られ、次々と世界の重大事項を扱いレポートを刊行しているローマクラブの共同会長、エルンスト・フォン・ワイツゼッカーによるローマクラブ新展開の講演に、ノーベル賞受賞者の二人、赤﨑勇、天野浩が集い、ここに同クラブフルメンバーの二人、小宮山宏と林良嗣、そして中日新聞の飯尾歩が加わって、ワイツゼッカーの定義する「ファクター」(豊かさに対する資源消費投入パフォーマンス)の概念を基軸に、科学技術とその未来社会への貢献の可能性について議論が戦わされた、今後、二度とない組み合わせによるトークの記録である。

オンライン書店へのリンク amazon.co.jp

道路建設とステークホルダー 合意形成の記録――四日市港臨港道路霞4号幹線の事例より

林 良嗣, 桒原 淳 著
出版社:明石書店
出版年:2017年
価格:2,000円+税
ISBN:978-4750344867

四日市港臨港道路霞4号幹線建設計画は、港湾管理組合、国、自治体、住民、干潟を守る会、野鳥の会など多くのステークホルダーの利害が互いに対立した状況にあったが、異分野の専門家で構成される調査検討委員会によって外への情報開示と収集を重ね、ついに最終的な合意を得た。本書には、その16年間の紆余曲折を振り返って委員長が綴った記録と、コンサルタントが工事に際して工事後に元の生態系に復元するために徹底調査収集して試験移植をした多様な生物の帳簿が合わせて収録されている。

オンライン書店へのリンク amazon.co.jp

High-Speed Rail and Sustainability: Decision-making and the political economy of investment (Routledge Explorations in Environmental Studies)

YOSHITSUGU HAYASHI, Hirokazu Kato, Naoki Shibahara, Aoto Mimuro (In Chapter 3)
出版社:Routledge
出版年:2016年
価格:18,315yen
ISBN:978-1138891975

High speed rail (HSR) is being touted as a strategic investment for connecting people across regions, while also fostering prosperity and smart urban growth. However, as its popularity increases, its implementation has become contentious with various parties contesting the validity of socioeconomic and environmental objectives put forward as justification for investment.

High Speed Rail and Sustainability explores the environmental, economic and social effects of developing a HSR system, presenting new evaluations of the proposed system in California in the US as well as lessons from international experience. Drawing upon the accumulated experience from past HSR system development around the world, leading experts present a diverse set of perspectives as well as diverse contexts of implementation. Assessments of the California case as well as cases from Japan, France, Germany, Italy, Spain, Taiwan, China, and the UK show how governments and stakeholders have bridged the gap between the vision and the realities of connecting metropolitan regions through HSR.

This is a valuable resource for academics, researchers and policy-makers in the areas of urban planning, civil engineering, transportation and environmental design.

Go to online shops amazon.co.jp

Climate Change, Energy Use, and Sustainability: Diagnosis and Prescription after the Great East Japan Earthquake (SpringerBriefs in Environment, Security, Development and Peace)

YOSHITSUGU HAYASHI, Tetsuzo Yasunari, Hiroshi Kanzawa, Hirokazu Kato (Eds.)
Publisher:Springer
The year:2016
Price:6,462yen
ISBN:978-3319405896

This book is an outcome of the symposium “Towards Earth Friendly Use of Resources and Energy,” organized by the Nagoya University Center of Excellence Program “From Earth System Science to Basic and Clinical Environmental Studies” and presents papers by four eminent researchers. 1) Syukuro Manabe, who was honored in 2008 by the Earth Hall of Fame Kyoto, together with Ms. Maathai and Ms. Brundtland, describes the mechanisms of extreme weather, drought, and flood that were caused by climate change due to CO2 emissions. 2) Ernst Ulrich von Weizsäcker, co-chair of the Club of Rome, describes “Factor 4 and 5” concepts such as technological progress and redesigning socioeconomic systems, e.g. taxation, and stresses the importance of humanity. 3) Hans-Peter Dürr, ex-president of the Max Planck Physics Institute as a successor of Heisenberg, explains the mechanism of a living Earth sustained by accumulated energy resources provided by the sun. He clarifies a point on preserving the dynamic stability of minerals and life on Earth. 4) Shohei Yonemoto, a well-known political scientist focusing on sustainability, explains environmental politics and why the IPCC and UNFCCC framework were established based on precaution principles. He puts forward a new concept called futurology, which considers population and food problems from a Malthusian standpoint and incorporates them into issues such as climate change and natural disasters. This book is written and based on a very simple but concrete idea and provides the readers with a chance to consider the shape of future Earth. /p>

Go to online shops amazon.co.jp

Disaster Resilient Cities: Concepts and Practical Examples

Yoshitsugu Hayashi, Yasuhiro Suzuki, Shinji Sato, Kenichi Tsukahara (Eds.)
Publisher:Butterworth-Heinemann
The year:2016
Price:12,044yen
ISBN:978-0128098622

Disaster Resilient Cities: Concepts and Practical Examples discusses natural disasters, their complexity, and the exploration of different ways of thinking regarding the resilience of structures. The book provides a blueprint for structural designers to better prepare structures for all types of natural hazards during the design stage. Brief and readable, this book analyzes various examples of disaster damage from earthquakes, tsunamis, and floods, together with their causal mechanisms. Practical methods to plan and design structures based on their regions, cities, as well as the particular countermeasures are also included for study.

Go to online shops amazon.co.jp

城市弾性与地域重建

林良嗣,鈴木康弘 陆化普,陆洋
出版社:清华大学出版社
出版年:2016年
価格:49.00元
ISBN:978-7-302-41976-1

近年来,世界范围内各种异常气候频繁出现,对于城市生产和生活带来了巨大影响。针对这种情况,城市和城市交通的防灾减灾和灾后恢复能力即城市弹性问题已经成为城市和交通研究领域的热点课题。为此,世界交通学会(WCTRS)专门成立了交通灾害对策研究分委员会。作为世界交通学会主席,林良嗣教授在这方面进行了大量的研究,本书就是林良嗣教授与2015年4月刚刚出版的最新研究成果。 本书首先阐述了城市弹性的定义和内涵,在此基础上对世界上在灾害作用下城市弹性的案例进行了较为广泛的比较研究,并分析了日本城市弹性下降的原因,以及恢复城市弹性的途径与措施,地域重建的思路与方法等。如何从交通角度提高城市弹性,探索建立城市弹性与地域重建的理论和方法,是世界各国面临的紧迫课题,也是大有作为的研究领域。译者希望此书的出版能为城市弹性的理论研究工作者和相关的城市管理决策者提供理论与经验借鉴。

低炭素社会に挑む土木

土木学会地球環境委員会、気候変動の影響と緩和・適応方策小委員会、緩和策ワーキンググループ 編
松岡譲, 森口祐一, 林良嗣 他著
出版社:土木学会
出版年:2016年
価格:2,700円+税
ISBN:978-4810609202

土木インフラは、より便利で安全なそして豊かな生活を可能としてきた。一方で、その過程において多くのエネルギー物質を利用し、二酸化炭素と廃棄物の発生を増大させてきた。このため、低酸素社会づくりには土木技術者及び建設界がこれをよく理解し、都市・地域及びインフラの計画・設計にその思想を組み入れて行く必要がある。 本書は、土木工学を専攻する大学院生や建設業界の中堅技術者がその基本として理解すべき事柄を要約的に表したものである。

オンライン書店へのリンク amazon.co.jp

レジリエンスと地域再生‐伝統知とビッグデータを用いた国土デザイン

林良嗣, 鈴木康弘 編著
出版社:明石書店
出版年:2015年
価格:4,200円+税
ISBN:978-4750341507

日本のレジリエンスはなぜ失われたのか、その回復方法は? 伝統知も参照し国内外の喪失事例を分析するともに、ビッグデータを活用した東日本大震災の検証、地震災害リスク評価を通し、QOLに基づくスマート・シュリンクによる国土デザインの方法を提示。

オンライン書店へのリンク amazon.co.jp

都市間交通と気候変動

森地茂, 林良嗣,テー・ウーム,ベルナール・ローテンガッター 編著
出版社:運輸政策研究機構
出版年:2014年
価格:5,000円+税
ISBN:978-4903876603

都市間交通では、自動車と航空のモードが高い割合を占め、気候変動との関連性が強いことから、その問題点の抽出とモーダルシフトの促進による外部費用の削減可能性について分析を行うとともに、都市間交通政策に関する評価手法について考察します。さらに、日本国内の都市間旅客交通市場における二大輸送手段である、航空および鉄道の社会経済的効率の計測を試み、都市間交通システムの今後の発展に関する結論を導き、政策案を提示します。

オンライン書店へのリンク amazon.co.jp

Intercity Transport and Climate Change - Strategies for Reducing the Carbon Footprint

Hayashi, Y., Morichi, S., Oum, T.H., Rothengatter, W. (Eds.)
Publisher: Springer
The year: 2014
Price: 13,901yen
ISBN:978-3319065229

While intercity passenger transport counts for about 2% of the total passenger transport volume the share of the total passenger kilometers traveled is estimated more than one third. In many countries the major part of intercity transport is performed by car and air and as a result, the contribution to the carbon footprint is substantially higher than the share of overall passenger transport performance. This creates a challenge to develop a sustainable organization of intercity transport which requires a true joint effort of policy makers, industry sectors and households. This presupposes that all options for reducing the carbon footprint of the transport modes ? car, air and rail ? are fully exploited through modern propulsion technology, use of regenerative energy and efficient organization of transport processes. Basic conditions for meeting this requirement are an incentive compatible public framework of regulation, taxation, charging and education, the private willingness to adjust to new behavioral patterns and a consequent push of technological progress towards energy and CO2 savings. This book begins with an international comparison of intercity transport and the current state of greenhouse gas emissions (GHG) of this transport segment. A focus is given to comparing the situation in the EU, the US and Japan while describing the more recent development of intercity transport in China, followed by an analysis of intercity transport policies and their contribution to meet the global climate change issues. This book will be of interest to researchers in transportation economics and policy, as well as civil engineering and planning.

Go to online shops amazon.co.jp

グリーン経済政策と交通 経済・エネルギー危機への対応戦略

林良嗣・板谷和也 編著
出版社:交通新聞社
出版年:2014年
価格:2,400円+税
ISBN:978-4330464145

一般財団法人運輸調査局が発行する、交通問題の研究専門誌・月刊『運輸と経済』の創刊65周年記念国際フォーラムにおける講演とパネルディスカッションの内容を取りまとめた本書は、経済・エネルギー危機の中、新興国の経済成長戦略として、鉄道を中心とする公共交通システムを中心に据えたグリーン経済政策の有効性を論じる。新興国だけでなく先進国も含む全世界がいま必要としている交通政策および技術、戦略を示唆する。

オンライン書店へのリンク amazon.co.jp

ファクター5 エネルギー効率の5倍向上をめざすイノベーションと経済的方策

エルンスト・ウルリッヒ・フォン・ワインツゼッカー,カールソン・ハーグローブス,マイケル・スミス,シェリル・デーシャ,ピーター・スタシノボウロス著 林良嗣監修 吉村皓一訳者代表
出版社:明石書店
出版年:2014年
価格:4,200円+税
ISBN:978-4750339900

地球温暖化や人口増加により危機にある地球環境の中で人類が繁栄を維持するためには、環境負荷を今の5分の1に軽減する必要がある。各産業分野で資源生産性を5倍に向上させる既存の省エネ技術を紹介しながら、これら技術の普及による経済発展のために欠かせない政治・経済の枠組みを含めた社会変革を提案する。

オンライン書店へのリンク amazon.co.jp

中国都市化の診断と処方 -開発・成長のパラダイム転換- (名古屋大学 環境学叢書4) (名古屋大学環境学叢書)

林 良嗣,黒田 由彦,高野 雅夫, 名古屋大学グローバルCOEプログラム「地球学から基礎・臨床環境学への展開」
出版社:明石書店
出版年:2014年
価格:3,240円+税
ISBN:978-4750339849

中国の急激な都市化・経済発展は、PM2.5の問題も含め、さまざまな環境破壊・都市問題をもたらしている。本書はこのテーマに対し、日中の研究者が、観光を通じた「持続可能な発展」をはかる湯布院に集い議論した成果をまとめたもの。

オンライン書店へのリンク amazon.co.jp

東日本大震災後の持続可能な社会
世界の識者が語る診断から治療まで

林良嗣 ,安成哲三 ,神沢博 ,加藤博和 ,名古屋大学グローバルCOEプログラム「地球学から基礎・臨床環境学への展開」 編
出版社:明石書店
出版年:2013年
価格:2,500円+税
ISBN:978-4750337890

シンポジウム「地球にやさしい資源・エネルギー利用へ〜東日本大震災から1年」をもとに、3・11東日本大震災以降の社会をどう構想するかを論じる。真鍋淑郎、エルンスト・フォン・ワイツゼッカー、ハンス=ペーター・デュール、米本昌平ら世界的識者による論考。

オンライン書店へのリンク amazon.co.jp

Mass rapid transit and its impact assessment: Case of Delhi
Economy, Equity, Environment

Kirti Bhandari, Yoshitsugu Hayashi
Publisher: LAMBERT Academic Publishing
The year: 2011
Price: 7,562yen
ISBN: 978-3846511558

Rapidly increasing motorization has environmental consequenses. In this light the Government of India has announced a national urban transport policy in April 2006 as an integral part of the Jawaharlal Nehru National Urban Renewal Mission (JNNURM). The draft National Urban Transport Policy (NUTP) aims at curtailing the use of private vehicles and give impetus to public transport and non-motorized vehicles.The options for this include buses on dedicated corridors, elevated sky bus and monorail systems, electric trolley buses and metro systems. The present study focuses on metro systems and analyses the economic, equity and environmental impacts of metro systems in developing countries, taking Delhi as an example. This work is PhD thesis submitted at the Laboratory of Sustainable Transport & Spatial Development, Graduate School of Environmental Studies,Nagoya University,Japan, 2009.

Go to online shops amazon.co.jp

Transport Moving to Climate Intelligence - New Challenges for Controlling Climate Impacts of Transport after the Economic Crisis

Werner Rothengatter, Yoshitusugu Hayashi, Wolfgang Schade, eds.
Publisher: Springer
The year: 2011年
ISBN:978-1-4419-7643-7

Until now the relevance of the transport sector has not been recognized sufficiently, which reflects in a minor importance of transport policy for the mitigation activities supported under the Kyoto Protocol. The possibilities to reduce CO2 emissions in the transport sector are often underestimated, using the arguments that this sector shows a high growth on the one hand and high marginal mitigation costs on the other hand.

Such arguments are usually based on static analysis and do not consider the capacity of the transport system to adjust to challenges. Chapter 2 of the book focuses on structural changes in the world economy which might be induced by the economic crisis 2007/2008 and help to restructure the transport sector with respect to technology, organization, and consumer behavior.

Publisher's website  Springer

持続性学—自然と文明の未来バランス— (名古屋大学 環境学叢書)

林良嗣, 田渕六郎, 岩松将一, 森杉雅史, 名古屋大学大学院環境学研究科 編
出版社:明石書店
出版年:2010年
価格:2,500円+税
ISBN:978-4750331591

林良嗣:序章 私たちは人間生活と環境の未来を構想できるのか?

名古屋大学で行われたシンポジウム「私たちは人間生活と環境の未来を構想できるのか?」をもとに、国内外第一線の研究者たちが理科系・人文社会系の枠を超えた「持続性学」の確立へ向け、地球環境の問題と持続可能な社会について考察した論集。

オンライン書店へのリンク  amazon.co.jp

都市のクオリティ・ストック 土地利用・緑地・交通の統合戦略

林良嗣,土井健司,加藤博和+国際交通安全学会 土地利用・交通研究会 編著
出版社:鹿島出版会
出版年:2009年
価格:2,200円+税
ISBN:978-4306072718

林良嗣:まえがき、序章「都市のクオリティ・ストック化の必要性」、1-3「人口減少社会における都市の制約条件」、5-1(1)「都市のストック化とは何か?」・(2)「日本における街区ストック化と施策との関係」、5-3「撤退・再集結実現のためのパッケージ」
加藤博和:1-1「スプロールとその社会的費用」、1-2「自動車依存社会がはらむ問題」、1-3「人口減少社会における都市の制約条件」、5-2「市街地の撤退・再集結の実現手法」、5-3「撤退・再集結実現のためのパッケージ」

経済が成熟し、人口減少・少子高齢化が進む日本で、無秩序な土地利用が都市における生活の質を著しく劣化させている。将来にわたり高いクオリティ・オブ・ライフを維持するために、都市において、交通・建物・緑地を一体的なストックとしてコーディネートすることが求められている。都市づくりの課題、現行都市計画が抱える問題点を整理し、クオリティ・ストック化のビジョンと指針を提示する。

オンライン書店へのリンク  amazon.co.jp

国土形成−流域圏と大都市圏の相克と調和 −持続性と安全安心のための流域圏と大都市圏の修復と再生−

辻本哲郎 編
出版社:技報堂出版
出版年:2008年
価格:2,800円+税
ISBN:978-4765517294

林良嗣:第9章「脱スプロール化と集落ストック化の都市圏再生ツイン戦略」

新しい国土形成計画の策定に向けて、持続的で安全安心な空間へと修復・再生する議論の中で、とくに流域圏と大都市圏という2つの異なる圏域の視点が、新しい国土形成、利用計画のあり方にからめて、今日の国土の成り立ちや今後の展開方向を探る上で、非常に有意義であると考えられる。この両視点のコントラストと共通点を浮かび上がらせながら議論するシンポジウムを開催。このときの講演を基に編集した書。

オンライン書店へのリンク  amazon.co.jp

環境学研究ソースブック—伊勢湾流域圏の視点から

名古屋大学環境学研究科 編
出版社:藤原書店
出版年:2005年
価格:2,310円(税込)
ISBN:978-4894344921

林良嗣:コラム13「中部国際空港」
加藤博和:4−6「公共交通網」

本書は、「伊勢湾流域圏」という視点から、環境研究の基礎に関わる「第1章 基盤」、自然、地球およびそれらの汚染に関わる「第2章自然・地球」、人文社会に関わる「第3章 ひと・社会」、都市、エネルギー、廃棄物に関わる「第4章もの・都市」の51節と、この地域の環境問題に関わる具体的な事象・出来事を14のコラムとしてまとめたものである。本書は、人類が直面している地球環境問題に対して、「伊勢湾流域圏」という具体的地域の具体的事象を通して見るという点に特徴があり、自然・ひと・ものの相互関係をより把握しやすくしたものである。

オンライン書店へのリンク  amazon.co.jp

都市交通と環境—課題と政策

中村英夫,林良嗣,宮本和明
出版社:運輸政策研究機構
出版年:2004年
価格:5,000円(税込)
ISBN:978-4900209787

林良嗣:序章、6.1「はじめに」、6.2「交通環境政策に関わる政治的状況の推移」、6.5「環境政策に関わる政治的情勢と国際的な資金供給手段」
加藤博和:2.4.1「米国、欧州、アジアにおける郊外化」、4.9「因果連鎖図を用いた最適な対策手段の導出法」、5.14「名古屋」、6.2「交通環境政策に関わる政治的状況の推移」、6.5「環境政策に関わる政治的情勢と国際的な資金供給手段」、Box2「物流部門における環境対策−日本の事例−、Box20「名古屋南部大気汚染公害訴訟」

本書は、都市交通と環境に関わる一般論に加えて、日本を含む先進国や開発途上国都市における豊富な実例を体系的にとりまとめたものです。都市交通に起因する環境問題を病気に例えると、本書は病理解説、一般的診断処方法、そして症例集を形成しているといえるでしょう。最後に、今後の都市交通と環境に対してわれわれが取り組むべき方向について提案しています。

オンライン書店へのリンク  amazon.co.jp

Urban Transport and The Environment An International Perspective

Nakamura,H, Hayashi, Y. and A.D.May (eds.)
Publisher: Elsevier, Amsterdam & Oxford
The year: 2004
Price: 13,047yen
ISBN: 978-0080445120

Yoshitsugu HAYASHI: Introduction, 6.1"Introduction", 6.2"Typical political trends relationg to transport environment policies and their transitions", 6.5"Political climate for environmental policies and international funding measures"
Hirokazu KATO: 2.4.1"Decentralisation in ther U.S., Europe and Asia", 4.9"The use of causal loop diagrams to determine the most appropriate instruments", 5.14"Nagoya", 6.2"Typical political trends relating to transport environment policies and their transitions", 6.5"Political climate for environmental policies and international funding measures", Box2"Environmental measures for the logistics sector - lessons in Japan", Box21"The air pollution lawsuits in the southern part of Nagoya"

The damaging environmental impact of urban transport, as recognised by the Kyoto Protocol to the UN Framework Convention on Climate Change, is a worsening global problem that needs to be tackled with local solutions. At the same time, urban transport has been causing serious local environmental problems, particularly in developing countries. This book was commissioned with the aim of helping to develop solutions by sharing experience from around the world.
Four extensive chapters by leading researchers give an overview of the problem, analyse structures and trends in urban transportation, list the various ways transport affects the environment, and critically review the whole range of policy countermeasures available.
The second half of the volume is given over to a uniquely valuable collection of case studies of 21 metropolises, carefully selected to provide a cross-section of different types of city from across the developing and developed world. The relevant characteristics of these cities are systematically described: socio-economic background; local condition of transport and the environment; policy planning, implementation, and evaluation, all with concrete examples. Key data are then presented in charts with a common structure to facilitate comparisons between cities.

Go to online shops amazon.co.jp

新領域土木工学ハンドブック

池田駿介,林良嗣,嘉門雅史,磯部雅彦,川島一彦 編
出版社:朝倉書店
出版年:2003年
価格:39,900円
ISBN:978-4254261431

林良嗣:II 自然・社会システムと土木工学 5.「土木工学をとりまくシステム」
加藤博和:IV 環境保全・環境創造 20.2.2 c.都市やインフラストラクチャーが受ける影響と適応策

「安全で住み易い社会・環境づくり」をキーワードに、魅力的活力を生むために、土木工学が果たすべき内容を多分野(隣接領域)の読者にもわかりやすく解説。

オンライン書店へのリンク  amazon.co.jp

都市と環境の公共政策—日本経済再生に向けて

田中啓一 編著
出版社:中央経済社
出版年:2002年
価格:3,500円+税
ISBN:978-4502645907

林良嗣:第6章「都市空間の社会ストック化の理念と手法」

人類の生存をかけた21世紀、その命運を握る地球環境を保全していくためには、都市環境との共生が何よりも求められている。日本経済再生に向けて、環境との共存、共生という共通認識に基づき、多様な視点から論考する。

オンライン書店へのリンク  amazon.co.jp

人口減少下の社会資本整備 拡大から縮小への処方箋

丹保憲仁 編著・著者代表
出版社:土木学会
出版年:2002年
価格:1,200円+税
ISBN:4-8106-0413-6

林良嗣:第2章3節「文明の転換点における設計思想の転換」、第3章2節「空間の運用の新しい形」

最近の発表によれば、2006年にピークに達するわが国の総人口は、2050年には1億人程度にまで減少すると推計され、また、2100年総人口は6,400万人ぐらいになるという参考推計値も発表されました。この規模・時間スケールでの急速で大幅な人口変動を人類は経験したことがなく、社会のさまざまな分野で、価値観の転換、各種制約条件の変化が生じ、社会的・経済的構造も変容するものと考えられます。 このような大変動期に社会的共通基盤を整備しつづけることは、わが国はもとより世界でも初めての経験です。 本書では、このような状況下で100年後の将来に向けてなにを用意すべきか、学術と技術をどのような方向に展開し、その結果をいかに社会に還元すべきかを、すべての土木技術者(Civil Engineer:市民工学者)へ提案しています。

オンライン書店へのリンク  amazon.co.jp

The Environment and Transport (Environmental Analysis and Economic Policy Series)

Hayashi, Y., Button K. and Nijkamp, P., eds
Publisher: Edward Elgar Pub
The year: 1999
Price: 35,18yen
ISBN: 978-1858988191

Yoshitsugu HAYASHI: PARTIII B 12."Economic Development and its Influence on the Environment: Urbanization, Infrastructure and Land Use Planning Systems"

In this new authoritative collection The Environment and Transport, the editors have selected the most important articles published in the last twenty years concerning pollution, the effects of traffic on the environment and the development of controls on both a regional and national level.

Go to online shops amazon.co.jp

都市の地下空間 −開発・利用の技術と制度

松尾稔,林良嗣 編著
出版社:鹿島出版会
出版年:1998年
価格:3,990円
ISBN:978-4306072152

林良嗣:第1章「序論」、第3章「地下空間利用の価値と環境影響の評価」、第4章「地上の都市計画制度との対比から見た地下空間計画制度」

本書は、人間の生活は地上が常態であること、地下はやり直しやリフォームが極めて困難であることを踏まえ、これからの地下空間開発の理念とそれに基づく検討の方向性を示し、技術に立脚した法制度のありようを提言したものである。

オンライン書店へのリンク  amazon.co.jp

地球環境と巨大都市,岩波講座「地球環境学」第8巻

武内和彦,林良嗣編著
出版社:岩波書店
出版年:1998年
価格:3,700円+税
ISBN:978-4000109086

林良嗣:はじめに、第1章「巨大都市の成長と地球環境」、第4章「巨大都市の爆発的発展と交通システム整備の不均衡」
加藤博和:第4章「巨大都市の爆発的発展と交通システム整備の不均衡」

地球は巨大都市で覆い尽くされてしまうのか? ヨーロッパで生まれアメリカで成長した巨大都市が、いまアジアで爆発的に拡大している。その速度に都市基盤の整備が追いつかないことが,環境をきわめて劣悪なものとしているのである。ここに都市の際限ない広がりを制御し、環境負荷を軽減した、地域に根ざす都市像を提示する。

オンライン書店へのリンク amazon.co.jp

Transport, Land-use and the Environment

Hayashi, Y. and Roy, J. (eds.)
Publisher: Kluwer Academic Publisher
The year: 1996
Price: 26,639yen
ISBN: 978-0792337287

Yoshitsugu HAYASHI: Part A 1."Economic Development and its Influence on the Environment: Urbanisation, Infrastructure and Land Use Planning Systems"

The coordination of transportation and land use -- which transforms both the transport infrastructure supply and the amenity of urban space -- is one of the most important research issues in urban planning today. Concurrently the issue of energy consumption in the transport sector has emerged as a crucial one. This has resulted in an important research need: the examination and identification of the influence of the mechanisms of land-use transport interaction on global energy consumption and environmental damage. Transport, Land-Use and the Environment contains selected papers from a seminar organized by the Transport and Land Use Special Interest Group of the World Conference on Transport Research Society (WCTRS) and covers fact finding, scenario analysis and modeling. It will serve as an invaluable source for academics, practicing planners, and graduate students, especially those who want to see quantitative comparisons of the impact of alternative policies on urban and regional environments.

Go to online shops amazon.co.jp

空港整備と環境づくり—ミュンヘン新空港の歩み

林良嗣,屋井鉄雄,田村享
出版社:鹿島出版会
出版年:1995年
ISBN:4306023060

林良嗣

本書は、ミュンヘン空港有限会社とバイエルン州抗空局、および反対の立場にあるフライジング市の双方を訪ねてヒアリングした結果も含めて、ミュンヘン新空港と環境づくりとの関係を分析し、まとめたものである。これは、単にドイツの空港づくりを模倣するためのものではなく、今後のわが国の空港づくりに必要とされる考え方や方式について何がしかのヒントを得ようとして編まれたものである。

地球環境への提言−問題の解決に向けて−

吉野正敏 編
出版社:山海堂
出版年:1994年
価格:2233円+税
ISBN:4-381-00912-6

林良嗣:7章「交通エネルギー消費と環境負荷」

92年、“地球環境問題に対し日本の科学者たちはどう取り組むべきか”をテーマに開催されたシンポジウムをまとめたもの。資源リサイクルと地球環境問題、農学の立場からみた地球環境など、様々な立場からの提言を収録。

オンライン書店へのリンク amazon.co.jp

交通整備制度−仕組と課題−改訂版

土木学会土木計画学研究委員会交通施設整備事業制度研究分科会 編
出版社:社団法人土木学会
出版年:1991年
価格:4,271円+税
ISBN:978-4810600858

林良嗣:第3章「鉄道整備制度の課題」

第1章 総論
第2章 鉄道整備の事業制度
第3章 鉄道整備制度の課題
第4章 空港整備の事業制度
第5章 空港整備制度の課題
第6章 港湾整備の事業制度と課題
第7章 道路整備の事業制度
第8章 道路整備制度の課題
第9章 街路整備の事業制度
第10章 街路整備制度の課題
第11章 新交通システム・バス等の整備の事業制度
第12章 新交通システム・バス等の整備制度の課題
第13章 駐車場整備の事業制度
第14章 駐車場整備制度の課題
補章 公共事業の関連財政

オンライン書店へのリンク amazon.co.jp

日本人と土地 日本における土地意識とその要因

辻村明,中村英夫 編著
出版社:ぎょうせい
出版年:1990年
価格:1,456円+税
ISBN:4-324-02524-X

林良嗣:2.IV「西ドイツの土地の使い方〜日本との違い〜」、2.VI「台湾での土地政策」、3.VIII「土地意識の実態と原因−調査結果−」

1 なぜ土地にこだわるのか
2 土地観と土地政策のいろいろ(土地公有化への提案
 文化人類学からみた人と土地
 日本人と土と農業
 西ドイツの土地の使い方
 自然価値を問い直せ
 台湾での土地政策)
3 日本と台湾における土地意識の比較(調査の方法
 土地意識の実態と原因—調査結果)

オンライン書店へのリンク amazon.co.jp

Urban Land-use and Transport Interaction
Policies and Models

Edited by F. V. Webster, P. H. Bly, and N. J. Paulley
Authors: J. F. Brotchie, M. H. Echenique, H. Floor, A. D. J. Flowerdaw, Y. Hayashi, A. Lodwick, L. Lundqvist, R. L. Mackett, S. H. Putman, J. R. Roy, R. Sharpe, T. Toda, M. Wegener Publisher: Gower Publishing Group
The year: 1989
ISBN: ‎978-0566057267