中部大学ESDシンポジウム

第21回中部大学ESDシンポジウム

(3回シリーズ第3回目 スマート社会の実現に向けた標準化とSDGs) 

開催日時

2018年10月27日(土曜日) 13時30分~16時00分

開催場所

中部大学 リサーチセンター2階大会議室

主催

中部大学 国際ESDセンター

協力

中部大学ESDエコマネーチーム

開催趣旨

 Society5.0(超スマート社会)の実現や国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)をいかに達成するかは重要な課題です。
 中部大学国際ESDセンターは、3回連続で産業界を対象にルール形成である「国際標準化」の最新動向を学びながら企業経営のあるべき姿を検討するシンポジウムを開催します。
 第3回目は、持続可能な調達の国際規格を策定された冨田秀美氏をお招きし、国際規格の内容とサプライヤーへの影響について講演いただきます。SDGsの時代における調達の在り方を検討する絶好の機会です。皆様のご来場をお待ちしています。
  

プログラム

13:30~13:40 開会挨拶
宗宮 弘明 (中部高等学術研究所 国際ESDセンター長)
 
13:40~15:00 講演
「持続可能な調達に関する国際規格」
冨田 秀実 氏 (ロイドレジスタージャパン株式会社取締役事業開発部門長、 ISO/TMBG/ISO20400エキスパート)
15:00~16:00 ポスターセッション及び交流会
 
コーディネーター:伊藤 佳世(中部大学准教授)
 
閉会挨拶