中部大学ESDシンポジウム

第6回中部大学ESDシンポジウム

6 CEMPシンポジウム
テーマ:「文化環境と持続可能性-「心」の視点から-」(2011219日)

1.文化環境と心のありか
 (中部大学 人文学部 コミュニケーション学科教授 杉本和弘)

2.現代の貧困問題について考える
 (中部大学 人文学部 心理学科講師 吉住隆弘)

3.民族芸能伝承の多様性と可能性
 (中部大学 人文学部 日本語日本文化学科教授 嘉原優子)

4.バリ舞踊版「義経千本桜・吉野山」実演
 (演者:田中千昌・猪野尾洋美)


5 CEMPシンポジウム
テーマ:「環境と防災-地域の視点・国際的視点-」(2010724日)

1.アジアにおける持続可能な開発とジインフォマティクス
 (アジア工科大学 地理情報センター所長 ラル・サマルカーン)

2.地域のリスクとジオインフォマティクス―eコミウェアと地域防災力の向上―
 (防災科学技術研究所 防災システム研究センター 主任研究員 長坂 俊成)

3.デジタルアジア・センチネルアジアとESD―今後の発展
 (慶應義塾大学総合政策学部 教授/中部大学 客員教授 福井 弘道)

4.森の健康診断と参加型マッピング
 (中部大学 応用生物学部 教授 寺井 久慈)


4 CEMPシンポジウム
テーマ:「中小企業と環境経営」(2010123日)

1.環境マネジメント分野の標準化活動と環境経営
 (経営情報学部 伊藤 佳世)

2.実践可能!環境を経営に活かす手法
 (三惠工業株式会社 安田 府佐雄)

3.環境を考えた農村産業の創出!
 (伊賀の里モクモク手づくりファーム 木村 修)


3 CEMPシンポジウム
テーマ:「私たちの生存を脅かす医科学・医療の諸問題」(2009711日)

1.周産期医療崩壊の現状―助産師の立場から―
 (生命健康科学部 准教授 渡邊実香)

2.環境汚染が私たちの生存を脅かす
 (生命健康科学部 教授 加藤 昌志)

3.襲いかかる新型インフルエンザ
 (生命健康科学部 教授 鈴木 康夫)


2 CEMPシンポジウム
テーマ:「生物多様性と「持続可能な発展のための教育(ESD)」フォーラム」
2009124日)

1.食糧と競合しない次世代バイオ燃料
 (応用生物学部学部長・教授 荒井基夫)

2.土岐川・庄内川流域圏の持続可能な開発のための生物多様性ポテンシャル評価
 (応用生物学部准教授 南 基泰)


1 CEMPシンポジウム
テーマ:「CEMP発足記念集会および第1回公開シンポジウム」(2008719日)

1.「超伝導・持続可能エネルギー研究センター」の活動について
 (工学部教授 山口 作太郎)

2.キャンパス・エコエネルギー計画―太陽電池と燃料電池を中心に―
 (学長補佐・工学部教授 渡邉 誠)

3.光技術が切り拓く環境・エネルギー新時代
 (総合工学研究所教授 多賀康訓)

CEMPシンポジウムの要旨集はこちら

武田 湖州恵 (生命健康科学部 准教授 / 国際ESDセンター運営委員)