中部大学ESDシンポジウム

14回中部大学ESDシンポジウム

テーマ:「これからのESD―教育実践の立場から」

開催日
2015221日(土曜日)14時~1615

会場
中部大学 現代教育学部(72号館) 4階 7241教室

主催
中部大学 国際ESDセンター(中部高等学術研究所附置)

協力
中部大学 現代教育学部

プログラム

 開会挨拶(14時~1415分)

    挨拶: 稲崎 一郎(中部高等学術研究所所長/国際ESDセンター長)
  開催の辞: 飯吉 厚夫(中部大学 理事長・総長/中部ESD拠点代表)

 ESDの事例発表(1415分~1515分)
    司会: 宮川 秀俊(現代教育学部教授)

  •     「カナダ語学研修旅行でのESD学習(多文化共生)に向けて」
          井上 泰一(春日丘中学校教諭)
  •     「三つの柱からなる春日丘のESD学習」
          星野 真琴(春日丘高等学校教諭)
  •     「地域から学ぶESD活動―これまでの活動と今後見据えるもの」
          村上 哲也(中部大学第一高等学校教諭)
  •     「持続発展可能な社会をめざす教材開発―国土交通省における社会科教材づくりを例に―」
          深谷 圭助(現代教育学部准教授)

 パネルディスカッション(1515分~1610分)

 講評(15時50分~16時10分)
  柴尾 智子(ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)教育協力部長)

 閉会挨拶(1610分)
  花井 忠征(現代教育学部長)

第14回ESDシンポジウムのチラシはこちらから