中部大学ESDシンポジウム

第16回中部大学ESDシンポジウム

テーマ:「原発事故の生態系への影響について考える
            ~福島とチェルノブイリの現場から~

開催日:2017年1月27日 (金)17時10分~19時10分
会  場:中部大学リサーチセンター 2階大会議室
主  催:中部大学 国際ESDセンター

プログラム
開会挨拶            17:10~17:15
       宗宮弘明(中部高等学術所 国際ESDセンター長)
講  演    17:15~18:00
  司会:古澤礼太(中部大学国際ESDセンター准教授) 
   講師:ティモシー・ムソー
   「動植物や微生物への放射線の影響、いま明らかになっていること」 
質疑応答(5分)

  講師: 竹中千里(名古屋大学生命農学研究科教授)     
    「森林生態系おける放射性セシウムの局在と動き」18:05~18:50
質疑応答(5分)

話題提供               18:55~19:05
   講師:上野 薫 応用生物学部 環境生物科学科    
   「福島の現場に入ることのESD的な意味」
    
閉会挨拶               19:05~19:10