常川研究室 研究試作システム

トップ(戻る)


「実働する物を作ること」

==EVの電波マーカ型バレー駐車と無線充電システム==
地上の電波マーカ(小片金属板)を追従し、そこを起点に次マーカまでの走路を決める。
これでオートバレー駐車を実現し、簡易な設備で自動無線充電をする。


電波マーカ型自動走行
------------------------------------------------------


------------------------------------------------------
従来技術に対する新規性・優位性 :
・カメラ不要で暗闇で走行可能なEV自動走行
・バンパー内蔵の簡易な自動無線充電

想定される活用例 :
・天候や場所(地下等)、時刻に依存しないオートバレー駐車場
・設置が容易/安価で、車種・規格に依存しない自動無線充電"

実用化に向けた課題 :
・既メーカ提案自動運転技術との融合/連携
・無線大電力伝送時の法的適合性と安全性検証"
------------------------------------------------------


EVにおけるオートパーキング機能を利用した高効率電界結合型ワイヤレス充電システムの実験的検討



オートパーキング機能を利用した高効率電界結合型ワイヤレス充電システム