中部大学 機械工作研究室
~Contents~
研究室概要
メンバー紹介
研究内容紹介
・研究成果
就職内定実績
関連科目
掲示板
リンク

トップページへ











































































































研究成果
のトップへ










































































































































研究成果 (平成元年以降)
・学術論文
水谷秀行:超音波振動援用加工の進展と将来動向,ISSN0387-1053,機械と工具,61巻,1号,24-29,(2017.1)
水谷秀行:超音波振動切削による高圧縮残留応力の生成,ISSN0916-2410,超音波TECHNO,28巻,6号(11-12月号),22-29,(2016.12)
水谷秀行:超音波振動を援用した小径内面ホーニング加工,超音波 TECHNO,Vol27,No2,79-84,(2015.3)
水谷秀行:中部大学工学部機械工学科水谷研究室=機械加工における超音波振動の新たな応用技術を求めて=,超音波 TECHNO,Vol27,No2,104-108,(2015.3)
水谷秀行・浜岡亨・浜田晴司・稲崎一郎:超音波振動援用による高性能ホーニング加工法の開発-半径方向振動装置の開発と評価,砥粒加工学会誌,57,6(2013),395-400.
水谷秀行:表面特性の向上を実現する超音波振動切削法の開発,超音波TECHNO,25,5(2013),72-77
水谷秀行:超音波振動援用による高性能ホーニング加工,機械技術,Vol.61,No.3,(2013.2),38-41.
水谷秀行:高精度・高能率切削加工のための残留応力制御と活用,日刊工業新聞「JIMTOF2012」特集,(2012.11),12面.
山本修太郎・榎本俊之・水谷秀行・浜岡亨・向恭平:ミセルとポリマーを用いた水溶性ホーニング油剤の開発,日本機械学会論文集(C編)Vol.77,No.776,(2011.4),1535-1543.
水谷秀行・若林三記夫:Influence of cutting edge shape on residual stress of cut surface (Effect of nose radius and cutting edge roundness) Journal of advanced mechanical design, systems, and manufacturing, Vol. 4, No.6, 平成22年10月,pp1201-1209.
水谷秀行:ハイブリットホーニング加工機の開発 (財)工作機械技術振興財団試験研究成果報告書 平成22年9月
水谷秀行・田中正司・浜岡亨:定切込み内面ホーニングの切削背分力測定による砥石切込み制御システムの開発 砥粒加工学会誌 第53巻3号 平成21年3月 p180-185
水谷秀行・若林三記夫:切削残留応力に及ぼす切れ刃形状の影響(第2報 ノーズ半径および切れ刃丸みの影響) 日本機械学会論文集(C編) 第74巻740号 平成20年4月 p.997-1002
水谷秀行・田中正司・浜岡亨:多結晶ダイヤモンド砥石のホーニング特性 砥粒加工学会誌 第51巻11号 平成19年11月 p.651-656
水谷秀行・田中正司・浜岡亨:WAおよびGCスティック砥石による超砥粒ホーニング砥石のドレッシング 砥粒学会誌 第50巻11号 平成18年11月 p.660-665
水谷秀行・若林三記夫:切削残留応力に及ぼす切れ刃形状の影響(切れ刃すくい角および逃げ面接触幅の影響) 日本機械学会論文集(C編) 第72巻715号 平成18年3月 p.929-933
水谷秀行・山本庄一・家城昌泰 ファインセラミックスのホーニングにおけるダイヤモンド砥石の摩耗過程、 砥粒加工学会誌、第50巻1号 平成18年1月 p.25-29.
水谷秀行・山根脩二・水谷聡志・家城昌泰・岡村健二郎 ホーニング用メタルボンドダイヤモンド砥石のボンド腐食法によるドレッシング 砥粒加工学会誌、第42巻1号 平成10年1月 p.26-31
水谷秀行・山根脩二・中島守・岡村健二郎 In-feed Internal Honing of Fine Ceramics International Journal of JSPE,Vol.31,No.1 平成9年3月 p.71-72
水谷秀行・山根脩二・中島守・岡村健二郎 ファインセラミックスの定切込み内面ホーニングの研究(各種ファインセラミックスのホーニング過程) 日本機械学会論文集(C編)、第62巻594号 平成8年2月 p.761-766
水谷秀行・安井将祐・岡村健二郎 研削抵抗比の解析に基づく研削残留応力の研究 日本機械学会論文集(C編)、第61巻586号 平成7年6月 p.2586-2591
水谷秀行・能登谷久公・山田茂・高柳晃・岡村健二郎 各種アルミニウム合金の機械的性質と被削性 軽金属、第44巻1号 平成6年1月 p.16-21
山田茂・水谷秀行・能登谷久公・高柳晃 各種アルミニウム合金の切削過程に及ぼす構成刃先の影響 軽金属、第43巻4号 平成5年4月 p.206-212
岡村健二郎・水谷秀行・志水政道 研削抵抗比に関する研究 日本機械学会論文集(C編)、第58巻550号 平成4年6月 p.1993-1998
岡村健二郎・水谷秀行・古久保浩・田宮博道 ファインセラミックスの研削仕上げ面生成過程 精密工学会誌、第58巻2号 平成4年2月p.301-306
岡村健二郎・水谷秀行 切削抵抗比に関する研究 日本機械学会論文集(C編)、第57巻537号 平成3年5月 p.1737-1742
能登谷久公・山田茂・高辻雄三・佃市三・水谷秀行 各種アルミニウム合金の切削性に及ぼす材料特性の影響 軽金属、第41巻3号 平成3年3月 p.178-183
山田茂・能登谷久公・高辻雄三・佃市三・水谷秀行 7075アルミニウム合金切削における各種高速度鋼工具の摩耗 軽金属、第41巻1号 平成3年1月 p.38-43
岡村健二郎・水谷秀行 Cutting Force Ratio in Grinding and Cutting SME MR90-515(Proc. of 4th IGC) 平成2年10月 p.1-13
水谷秀行・岡村健二郎 単粒湿式研削におけるアルミナ砥粒の摩耗過程 中部大学工学部紀要、第25巻 平成元年10月 p.7-12
・学術講演
渡邊友貴・水谷秀行・水野義則・浜田晴司:超音波振動ホーニングの加工特性に及ぼす砥石粒度の影響,砥粒加工学会
ABTEC2019講演論文集,2019.8.29,E28
渡邉幸一・水谷秀行:超音波振動切削による表面特性向上技術の開発,砥粒加工学会
ABTEC2019講演論文集,2019.8.29,E27
渡邊友貴・水谷秀行・大江裕之・浜田晴司:砥石半径方向の超音波振動を援用した内面ホーニングの研究,砥粒加工学会
ABTEC2018講演論文集,2018.8.31,C37
渡邉幸一・水谷秀行:超音波振動切削面の表面特性と耐疲労性に関する研究,砥粒加工学会
ABTEC2018講演論文集,2018.8.29,C10
渡邊友貴・水谷秀行・大江裕之・浜田晴司:セラミックスのホーニング仕上げ面性状に及ぼす超音波振動の影響,砥粒加工学会
ABTEC2017講演論文集,2017.8.30,A02
水谷秀行・小林大祐:超音波振動切削による高硬度・高圧縮残留応力の生成,砥粒加工学会先進テクノフェア(ATF2017),(2017.3)
水谷秀行:超音波振動援用による機械加工技術,中部大学テクノモール in 春日井(春日井ビジネスフォーラム)春日井,(2016.11)
水谷秀行:超音波振動援用によるホーニング加工面の表面性状,2016年度砥粒加工学会学術講演会(ABTEC2016)姫路,(2016.8)
水谷秀行:超音波振動援用による高性能ホーニング加工,砥粒加工学会次世代固定砥粒加工プロセス委員会第68回研究会 (精密工学会「超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会」共催),(2016.8)
水谷秀行:切削による高圧縮残留応力生成技術の開発,第54回マイクロ加工懇談会、理化学研究所・利権板橋連携研究センター(東京), (2016.2)
水谷秀行:超音波振動切削面の残留応力に及ぼす工具および切削条件の影響,ABTEC2015(2015年度砥粒加工学会学術講演会),慶應義塾大学(東京), (2015.7)
水谷秀行:切削による金属の耐疲労性向上技術の開発,中部大学テクノモール in 豊田、ホテル豊田キャッスル(豊田), (2015.7)
水谷秀行:超音波振動ホーニング加工の提案,TEC15(日本機械工学会東海支部第64期総会・講演会)・ワークショップ,中部大学(春日井), (2015.3)
水谷秀行・鷲見圭祐・滝澤勇太・深尾幸平・加藤恭之・田中翔吾・奥山了介:表面特性の向上を実現する高性能切削法の開発,第16回工作機械技術者会議(16th IMEC)ポスターセッション・ショートプレゼンテーション,東京ビックサイト,(2014.10.39-11.4)
水谷秀行:切削面の残留応力と疲労特性との関係,ABTEC2014(2014年度砥粒加工学会学術講演会),岩手大学,(2014.9.)
浜田晴司・水谷秀行・稲沢一郎:超音波援用ホーニング加工,中部大学生産技術開発センター研究発表会,中部大学,(2014.2.20).【招待講演】
水谷秀行:超音波振動援用による高性能ホーニング加工法の開発,砥粒加工学会関西地区部会,平成25年度第3回研究・見学会,(株)日進製作所,京都(2013.12.11).【招待講演】
伊藤雅人・水谷秀行:切削残留応力に及ぼす切れ刃形状及び超音波振動の影響,ABTEC2013(2013年度砥粒加工学会学術講演会),日本大学理工学部,東京(2013.8.27-29).【平成25年度砥粒加工学会優秀講演賞受賞】
水谷秀行:切削残留応力に及ぼす超音波振動および切削条件の影響,ABTEC2012(2012年度砥粒加工学会学術講演会),同志社大学,2012.8.
水谷秀行:超音波振動援用によるホーニング加工,砥粒加工学会次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会第44回研究会,埼玉大学東京ステーションカレッジ,2012.8.
水谷秀行:小径内面の高精度・高能率加工-高性能内面ホーニング加工法の開発-,中部大学テクノモールin中濃,シティホテル美濃加茂,2012.7.
水谷秀行:超音波振動援用による高性能ホーニング加工,振動切削フォーラム2012,慶応義塾大学,2012.4.
水谷秀行:切削・研削加工面の残留応力,金型・精密加工技術研究会,山形県工業技術センター,2012.11.
水谷秀行:超音波振動援用による表面特性向上型切削法の開発、ABTEC2011(2011年度砥粒加工学会学術講演会),中部大学,2011.9.
水谷秀行・稲崎一郎:中部大学における社会人向け物づくり教育と技術者交流の実践例,ABTEC2011(2011年度砥粒加工学会学術講演会.中部大学,2011.9.)
浜岡亨・水谷秀行・稲崎一郎・浜田晴司ハイブリッドホーニング加工装置の開発ABTE(2010年度砥粒加工学会学術講演会)講演論文集,203-204. (岡山大学)平成22年8月 
水谷秀行・山本晋吾・毛利嘉康・山本修太郎・向恭平・浜岡亨、オイルレス水溶性ホーニング油剤の開発,日本機械学会・精密工学会共催山梨講演会(於 山梨大学),平成21年10月24日,講演論文集No.090-4,講演論文集 No.070-4,p 48-49
水谷秀行・福岡浩明・纐纈雄介・田中良幸・林純也、切削面の硬さおよび残留応力に及ぼす切れ刃形状の影響(すくい角および切れ刃丸みの影響),日本機械学会・精密工学会共催山梨講演会(於 山梨大学),平成21年10月24日,講演論文集No.070-4,p 48-49
山本修太郎・水谷秀行・向恭平・浜岡亨、ミセル形成とポリマー化合物を用いた水溶性ホーニング油剤の開発,ABTEC2009,平成21年9月4日.
水谷秀行・松野晴彦・小崎陽平・佐藤裕介・山内宗、切削面の残留応力および硬さに及ぼす切れ刃傾斜角の影響、日本機械学会・精密工学会共催山梨講演会(於 山梨大学),平成20年10月25日,講演論文集No.080-4,p109-110.
水谷秀行・若林三記夫 切削残留応力に及ぼす切れ刃ノーズ半径および先端丸みの影響 日本機械学会・精密工学会共催山梨講演会 (於 山梨大学),平成19年1020日.
水谷秀行・岩田英典・鈴木良治・瀧将吾、切削残留応力に及ぼす切れ刃丸みおよび逃げ面接触の影響、日本機械学会・精密工学会共催山梨講演会(於 山梨大学),平成18年10月21日,講演論文集No.060-4,p135-136
水谷秀行・田中正司・浜岡亨 多結晶ダイヤモンド砥石ホーニング特性,ABTEC2006(2006年度砥粒加工学会学術講演会)(於防衛大学校),平成18年8月25日,講演論文集,p.265-266
水谷秀行・田中正司・古池卓・辻栄二 ホーニング用多結晶ダイヤモンド砥石の開発 日本機械学会・精密工学会共催山梨講演会 (於 山梨大学) 平成17年10月22日 講演論文集、No.050-1,p117~118.
水谷秀行・若林三記夫 切削残留応力に及ぼす切れ刃すくい角および逃げ面接触幅の影響 日本機械学会・精密工学会共催山梨講演会 (於 山梨大学) 平成17年10月22日 講演論文集,No.050-1、p115~116.
水谷秀行・山本庄一 切削抵抗比に基づくホーニング現象の検討
ABTEC2004(2004年度砥粒加工学会学術講演会) 平成16年9月2日 講演論文集,p.377~378
水谷秀行・山本庄一 定切込み内面ホーニングにおける切削背分力の測定とその応用 ABTEC2003(2003年度砥粒加工学会学術講演会) 平成15年9月10日 講演論文集,p263~264
水谷秀行・山本庄一 定切込み内面ホーニングの切削背分力測定法の開発 日本機械学会第4回生産加工・工作機械部門講演会 (於 犬山国際観光センター”フロイデ”) 平成14年11月22日 講演論文集、No.02-25、p143~144
水谷秀行・山本庄一 ホーニング用メタルボンドCBN砥石の結合剤特性と切削性能との関係、2002年度砥粒加工学会学術講演会(於 三島市 東レ総合研修センター) 平成14年9月11日 講演論文集、p.135~136
水谷秀行・山本庄一・神谷博司・加藤貴仁・加藤正博・坂本淳二 ファインセラミックスの定携切込み内面ホーニングの研究(ホーニング性能に及ぼすメタルボンド砥石結合剤特性の影響 日本機械学会東海支部第51期総会・講演会(於 名城大学) 平成14年3月8日 講演論文集 No.023-1,p345~346
水谷秀行 ダイヤモンドホイールのツルーイング過程に及ぼす作用面粗さの影響 ABTEC2001(2001年度砥粒加工学会学術講演会)(於 金沢工業大学) 平成13年9月14日 講演論文集,p.35-36
水谷秀行・志村真行・樋口淳・今枝竜太 メタルボンドダイヤモンドホイールのツルーイングに関する研究(ツルーイング過程に及ぼす作用面粗さの影響) 日本機械学会関東支部・精密工学会共催山梨講演会(於 山梨大学) 平成12年10月28日 講演論文集,No.000-4、pp97-98
水谷秀行・山本庄一 ホーニング用メタルボンドダイヤモンド砥石のスティック砥石によるドレッシング ABTEC2000(2000年度砥粒加工学会学術講演会)(於 関西大学) 平成12年9月14日 講演論文集、pp137-138
水谷秀行・山本庄一・長井洋明・長坂吉紀 ファインセラミックスの定切込み内面ホーニングの研究(メタルボンドダイヤモンド砥石のドレッシングとその性能評価) 日本機械学会東海支部第49期総会講演会( 愛知工業大学) 平成12年3月11日 講演論文集、No.003-1,pp227-228
水谷秀行・山本庄一 ホーニング用メタルボンドCBN砥石のドレッシングに関する研究 ABTEC'99(1999年度砥粒加工学会学術講演会)(於 日本工業大学) 平成11年9月9日 講演論文集、p.191-192
水谷秀行・山本庄一・片桐亮・加藤敦弘 ファインセラミックスの定切込み内面ホーニングの研究(ホーニング過程に及ぼす切削運動の影響) 日本機械学会東海支部第48期総会講演会(於 中部大学) 平成11年3月19日 講演論文集No.993-1,p.205-206
水谷秀行・山本庄一・家城昌泰 ファインセラミックスのホーニングにおける砥石摩耗 ABTEC'98(1998年度砥粒加工学会学術講演会)(於 山梨県石和観光温泉ホテル慶山) 平成10年9月1日 講演論文集,p.249-250
水谷秀行・山本庄一・家城昌泰・松岡功・松岡慎二・水田健二郎 ファインセラミックスの定切込みホーニングの研究(メタルボンドダイヤモンド砥石の摩耗過程) 日本機械学会東海支部第47期総会講演会(於 大同工業大学) 平成10年3月6日 講演論文集No.983-1,p.323-324
水谷秀行・金子洋・佐藤雅哉 メタルボンドダイヤモンドホイール作用面性状と研削性能 ABTEC'97(1997年度砥粒加工学会学術講演会)(於 明治大学生田校舎) 平成9年9月12日 講演論文集,p.121-124
水谷秀行・金子洋・佐藤雅哉 セラミックス研削用メタルボンドダイヤモンドホイールのボンド腐食法によるドレッシング 日本機械学会東海支部第46期総会講演会(於 名古屋工業大学) 平成9年3月8日 講演論文集No.973-1,p.217-218
水谷秀行・山根脩二・水谷聡志・家城昌泰・岡村健二郎 ホーニング用メタルボンドダイヤモンド砥石のボンド腐食法によるドレッシング 平成8年9月4日 ABTEC'96(1996年度砥粒加工学会学術講演会)(於 中央大学) 講演論文集,p.315-320
水谷秀行・山根脩二・水谷聡志・岡村健二郎 ファインセラミックスの定切込み内面ホーニングの研究(ホーニング過程に及ぼす砥石粒度および切れ刃突出し量の影響) 日本機械学会・精密工学会共催山梨講演会(於 山梨大学 工学部) 平成7年10月28日 講演論文集,p.81-82
水谷秀行・金子洋・岡村健二郎 ファインセラミックスの表面生成現象と切削抵抗比との関係 日本機械学会第73期全国大会(於 九州産業大学) 平成7年9月11日 講演論文集No.95-10,vol.Ⅳ,p.80-81
水谷秀行・山根脩二・中島守・岡村健二郎 ファインセラミックスの定切込み内面ホーニングの研究(各種ファインセラミックスのホーニング過程) 日本機械学会第72期全国大会(於 北海道大学) 平成6年8月18日 講演論文集No.940-30,Vol.Ⅴ,p.215-217
水谷秀行・能登谷久公・山田茂・高柳晃・中島守 アルミニウム合金の被削性に及ぼす機械的性質の影響 軽金属学会第86回春期大会(於 広島国際会議場) 平成6年5月12日 講演概要集,p.251-252
水谷秀行・能登谷久公・山田茂・高柳晃 アルミニウム合金の被削性に及ぼす構成刃先の影響 軽金属学会第85回秋期大会(於 千葉工業大学) 平成5年11月11日 講演概要集,p.221-222
水谷秀行・安井将祐・岡村健二郎 研削抵抗比の解析に基づく研削残留応力の研究 (CBNホイールによる研削における抵抗比と残留応力との関係) 日本機械学会・精密工学会共催山梨講演会(於 山梨大学 工学部) 平成5年10月30日 講演論文集No.930-253、p.27-29
水谷秀行・松屋好博・岡村健二郎 ファインセラミックスの過渡的切削過程に及ぼす材料特性の影響 日本機械学会・精密工学会共催山梨講演会(於 山梨大学 工学部) 平成5年10月30日 講演論文集No.930-253,p.24-26
水谷秀行・山根脩二・中島守・岡村健二郎 ファインセラミックスの定切込み内面ホーニングの研究(ホーニング過程の解析) 日本機械学会松山地方講演会(於 愛媛大学 工学部) 平成4年11月14日 講演論文集No.925-2,p.256-258
水谷秀行・安井将祐・岡村健二郎 研削抵抗比の解析に基づく研削残留応力の研究(干渉条件による研削抵抗比の変化と残留応力との関係) 日本機械学会松山地方講演会(於 愛媛大学 工学部) 平成4年11月14日 講演論文集No.925-2,p.253-255
水谷秀行・高柳晃 アルミニウム合金の切削過程に及ぼす被削材条件の影響 日本機械学会東海支部第41期総会講演会(於 中部大学) 平成4年3月14日 講演論文集No.923-1,p.40-42
岡村健二郎・水谷秀行・志水政道 研削抵抗比に関する研究 1991年度精密工学会春季大会学術講演会(於 早稲田大学) 平成3年3月28日 講演論文集第3分冊,p.957-958
岡村健二郎・水谷秀行・古久保浩・田宮博道 ファインセラミックスの加工表面特性 1991年度精密工学会春季大会学術講演会(於 早稲田大学) 平成3年3月27日 講演論文集第2分冊,p.565-566
岡村健二郎・水谷秀行 Cutting Force Ratio in Grinding and Cutting SME 4th International Grinding Conference(於 Deaborn,Michigan USA) 平成2年10月10日 Proc. of 4th IGC,SME MR90-515 p.1-13
水谷秀行・岡村健二郎 切削抵抗比に関する研究 日本機械学会第67期通常総会講演会(於 上智大学) 平成2年3月30日 講演論文集Vol.C,p.497-499
岡村健二郎・水谷秀行・古久保浩 セラミックス材料の切削特性 1990年度精密工学会春季大会学術講演会(於 東京工業大学) 平成2年3月30日 講演論文集第3分冊,p.853-854
岡村健二郎・水谷秀行 トラバース研削における形状誤差改善過程に及ぼす研削条件の影響 1989年度精密工学会春季大会学術講演会(於千葉工業大学) 平成1年3月24日 講演論文集第3分冊,p.1115-1116

・日本機械学会学生会発表
安ノ井智昭・藤澤勇太・渕之上諒・水谷秀行:超音波振動援用による高性能ホーニング加工の研究(装置の改良と特性の評価),日本機械学会東海学生会第45会学生員卒業研究発表講演会,大同大学,名古屋(2014.3.17),288-289.
加納輝一・阿竹洋祐・伊藤雅人・長谷川貴哉・水谷秀行:表面特性の向上向上を実現する高性能切削法の開発(超音波振動切削の適用),日本機械学会東海学生第45回学生員卒業研究発表講演会,大同大学,名古屋(2014.3.17),280-281.
広瀬翔太・小島清四郎・松原健太・水谷秀行:フライス加工による高圧縮残留応力の生成と疲労特性の評価,日本機械学会東海学生会第45回学生員卒業研究発表講演会,大同大学,名古屋(2014.3.17),290-291.【第35次工作機械技術振興賞(奨励賞)受賞】
寺澤亮太・杉浦宏典・島田卓・水谷秀行:超音波振動援用による高性能ホーニングに関する研究 日本機械学会東海学生会第42回卒業研究発表講演会(豊橋技術科学大学) 平成23年3月
柴田輝男・小酒井雄也・杉浦友哉・高津瑞生・水谷秀行:切削表面特性の向上に関する研究 日本機械学会東海学生会第42回卒業研究発表講演会(豊橋技術科学大学) 平成23年3月
田口敏史・岩井佳則・梶川雅博・藤谷賢明・左右田裕大・水谷秀行 切削残留応力に及ぼす切れ刃形状の影響 日本機械学会東海学生会第36回卒業研究発表講演会(於 中部大学)平成17年3月 講演前刷集 p.197~198
小林祐也・新川哲則・永瀬賢児・水谷秀行 ホーニングの切削抵抗比に関する研究 日本機械学会東海学生会第35回卒業研究発表講演会(於 大同工業大学)平成16年3月 講演前刷集 p.230~231
杉浦祐介・杉江祥史・水谷秀行 ファインセラミックスの研削抵抗比と仕上げ面粗さとの関係 日本機械学会東海学生会第27回卒研発表会(於 名城大学) 平成8年3月9日 講演前刷集p.107-108
金子洋・木下雅人・粥川将成・伊藤孝直・水谷秀行 ファインセラミックスの研削過程 日本機械学会東海学生会第26回卒研発表会(於 豊田工業大学) 平成7年3月13日 講演前刷集p.137-138
山本直人・丹澤勝実・水谷秀行 ファインセラミックスのホーニング過程と砥石作用面性状との関係 日本機械学会東海学生会第26回卒研発表会(於 豊田工業大学) 平成7年3月13日 講演前刷集p.135-136
齊藤正則・堀部千尋・水谷秀行 ファインセラミックスのホーニングに関する研究 日本機械学会東海学生会第25回卒研発表会(於 名古屋大学) 平成6年3月10日 講演前刷集p.75-76
河野浩和・北河理宏・水谷秀行 研削抵抗比と研削残留応力との関係 日本機械学会東海学生会第24回卒研発表会(於 愛知工業大学) 平成5年3月11日 講演前刷集p.23-24
成瀬正比呂・鈴木重宏・水谷秀行 研削抵抗比と砥石作用面性状との関係 日本機械学会東海学生会第23回卒研発表会(於 中部大学) 平成4年3月14日 講演前刷集p.85-86
・受  賞
2019年度砥粒加工学会学術講演会優秀講演賞受賞の功績により学長表彰(2020.1.21)

「超音波切削のよる表面特性向上技術の開発」により、2019年度砥粒加工学会学術講演会において優秀講演賞を受賞(2019.11.1)

「超音波振動切削のよる表面特性の向上と耐疲労性の評価」により、一般財団法人日本機械学会東海学生会第50回学生員卒業研究発表において工作機械技術振興賞・奨励賞を受賞(2019.6.17)

2018年度砥粒加工学会学術講演会優秀講演賞受賞の功績により学長表彰(2019.1.25)

「超音波振動ホーニングの加工特性に及ぼす砥石粒度の影響」により、2018年度砥粒加工学会学術講演会において優秀講演賞を受賞(2018.10.25)
精密工学会東海支部において学生優秀賞を受賞(2018.3.23)
「切削による表面特性の向上と超音波振動援用の効果」により、平成29年度機械工学科卒業研究発表会において優秀発表賞を受賞(2018.3.23)
精密工学会東海支部において学生優秀賞を受賞(2015.3.23)
「小径内面ホーニングの高性能化に関する研究」により、平成26年度機械工学科卒業研究発表会において優秀発表賞を受賞(2015.3.23)
「フライス加工による高圧縮残留応力の生成と疲労特性の評価」により、第35次工作機械技術振興賞(奨励賞)を受賞(2014.6.23)
「超音波振動援用による高性能ホーニング加工の研究(装置の改良と特性の評価)」により、平成25年度機械工学科卒業研究発表会において優秀発表賞を受賞(2014.3.22)
「切削残留応力に及ぼす切れ刃形状および超音波振動の影響」により、平成25年度砥粒加工学会優秀講演賞を受賞(2014.11.15)
「超音波振動を援用した強制切込みに関する研究」により、平成23年度機械工学科卒業研究発表会において優秀発表賞を受賞(2012.3.23)
「ホーニング用多結晶ダイヤモンド砥石の開発研究」により、平成17年度機械工学科卒業研究発表会において優秀発表賞を受賞(2006.3.23)
「切削残留応力に及ぼす切れ刃形状の影響(すくい角の影響)」により、平成16年度機械工学科卒業研究発表会において優秀発表賞を受賞(2005.3.23)
「ファインセラミックスのホーニングに関する研究」により、第15次工作機械技術振興賞(奨励賞)を受賞(1994.6.20)
「ファインセラミックスの研削仕上げ面粗さと加工現象との関係」により、第12次工作機械技術振興賞(奨励賞)を受賞(1991.6.20)
「切削抵抗比と切削現象との関係」により、第9次工作機械技術振興賞(奨励賞)を受賞(1988.6.22)
・特許
水谷秀行・稲崎一郎・浜岡亨・浜田晴司:内面加工方法、内径面加工用ツールおよび内径面加工装置,特許 第5646251号,登録日2014.11.14.
ホーニング方法、ホーニング盤の砥石切込み装置およびホーニング盤 特許第3960587号(平成19年5月25日),特願2001-368339
ホーニング方法、ホーニング盤の砥石切込み装置およびホーニング盤 特願2001-368174(2001.12)
研究成果のトップへ
お問い合わせ
感想、意見、質問等、常時受け付けています。 なにかありましたら遠慮なくどうぞ。
MAIL
HP管理者:水谷秀行 渡邊友貴 渡邉幸一 辻昭徳

Kasugai Aichi 487-8501 JAPAN, COPYRIGHT (C)2002 Chubu University .