河村公隆のホームページ [Kimitaka Kawamura]  

環境地球化学研究室  [English]

河村研究室へのリンク


中部大学 中部高等学術研究所 客員教授

E-mail: kkawamura at isc.chubu.ac.jp

〒487-8501  愛知県春日井市松本町1200

電話番号:0568-51-9330 FAX番号:0568-51-4736(事務室)

専門: 大気化学・有機地球化学・分析化学・地球化学

所属学会:日本地球化学会・ 日本大気化学会・日本有機地球化学会・日本化学会・日本海洋学会・日本気象学会・日本雪氷学会・日本地球惑星科学連合・The Geochemical Society (GS)・American Chemical Society (ACS)・American Geophysical Union (AGU)・European Associations of Organic Geochemists (EAOG)・European Geosciences Union (EGU)

略歴
履歴書
CV
受賞
New 2022年度日本地球惑星科学連合(JpGU)フェローに選出(記事
New 2020年6月 ヒマラヤエアロゾルの論文(Bhattarai et al., 2019)がアメリカ化学会(ACS)のEnviron. Sci. & Technol.誌に掲載され、2019年度ES&T誌の最優秀論文(Best Paper)に選ばれました。(論文)(記事)(表紙
New 2018 AGU Fellowに選出 (表彰式1)(表彰式2)(表彰状)(メダル
2018年 中国 天津大学より Honorary Professor の称号を授与 (授与式
2017年 Geochemistry Fellow of the Geochemical Society and European Association of Geochemistry
2013年 Haagen-Smit賞フランスAix-Marseille University名誉博士の学位を授与


学会等における活動(役職)

河村公隆科研費(kaken)

研究者データ(河村公隆)

Researchmap

現在のメンバー

これまでに受け入れた外国人研究者

New

●研究課題
大気微粒子(エアロゾル)と地球環境科学

基盤研究S:東アジア・北太平洋における有機エアロゾルの組成・起源・変質と吸湿特性の解明
基盤研究S:研究進捗評価用資料
基盤研究S:研究成果報告書(2018.5)

富士山頂における有機エアロゾルに関する研究
アイスコア・降雪および極域の大気化学的研究
山岳エアロゾル・雪の研究
安定炭素・水素・窒素の同位体地球化学と大気化学・古環境学への応用
分析法の開発
離島・船舶による海洋エアロゾルの研究
中国泰山におけるエアロゾル研究
中国14巨大都市におけるエアロゾル研究
東京・札幌など都市エアロゾル研究
中国航空機観測
苫小牧フラックスタワー森林観測
ACE-Asia
対流圏におけるハロゲンの化学と循環に関する研究
極域氷床コア・降雪の有機地球化学
AMSによる個別有機分子の14C測定:分取キャピラリーGCの製作と地球化学的応用
極域の大気化学
海洋エアロゾルの地球化学、ACE-Asia実験
オホーツク海の生物地球化学
海洋堆積物からの古環境の復元および炭素循環・海洋循環変動の解析
二次有機エアロゾルの化学組成と水蒸気凝結特性:大気環境への影響評価

●その他
所属学会
学会・諸委員会等における活動状況
外国との共同研究
過去に在籍した教員、客員教授およびポスドク