パソコンガイドブック本文2022年版
5/32

2 2. インターネットへの接続 学内からインターネットを利用するときは、e-Net(有線LAN)またはCWN(無線LAN)のネットワークを利用します。 2.1. e-Net(有線LAN)について ここでは、e-Net(有線LAN)を使って、ネットワークを利用する方法を説明します。講義室や学生ラウンジでのネットワーク利用は、有線LANを基本としています。必ず手順を覚えてください。なお、学部・学科専用の施設では、ここで説明する手順と異なる場合があります。施設ごとの手順に従ってください。 ● LAN LAN(Local Area Network)とは、同一建物や敷地内など限られたエリアで接続できるネットワークのことです。 学内でe-Net(有線LAN)を使用する際の注意点 2.1.1. 情報コンセントと電源コンセント ノートパソコンを使う授業の講義室には、机の下部に「情報コンセント」と「電源コンセント」がそれぞれ用意してあります。 手順1. LANケーブルの両端をノートパソコンのLANポートと机の情報コンセントにそれぞれ差し込みます。 「カチッ」と音がするまでしっかりと差し込んでください。 e-Netでは、ネットワークに接続するための各種設定を自動的に取得します。ノートパソコンの「インターネットプロトコル(TCP/IP)」は、「IPアドレスおよびDNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」(初期値)であることを前提としています。 ①ノートパソコンの のマークのポートに差し込む 近頃は、引出式のものや、別途アダプタ(写真、左側の白色のもの)が必要な場合もあります。 ②もう一方を机の情報コンセントに差し込む 電源コンセント 情報コンセント

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る