研究成果

HOME > 研究成果 > 受賞・報道など

受賞・報道など

2018年10月5日 河村公隆教授がアメリカ地球物理学連合(AGU)フェローに選出されました。
2012年4月16日 井上輝夫客員教授が社団法人日本詩人クラブより「23年度詩界賞」を受賞。
2010年7月23日 加藤秀俊顧問がアジアコミュニケーションセンター(Asian Media Information Communication Center)よりアジア・コミュニケーション賞(Asian Communication Award)を受賞。
2010年2月2日 古澤礼太研究員、岡本肇研究員が企画・講演に関わった「シンポジウム「めざせ!持続可能な都市農業!」~日本一生物多様性の高い都市農業を目指して~」(2010年1月30日開催)が朝日新聞(2010年1月30日夕刊)に紹介されました。
2009年3月13日 岡本肇研究員が、MID-FMの「新間ちゃんのラジオde昼市」(2009年3月13日)に出演しました。名古屋市東区役所「区民との協働まちづくり事業」から生まれたヤダ川発見隊実行委員会と東区役所まちづくり推進室主催のイベントのPRを行いました。
2009年1月26日 「生物多様性と持続可能な発展のための教育(ESD)フォーラム」が中日新聞(2009年1月26日朝刊)に紹介されました。1月24日に三浦幸平メモリアルホールで開催された同フォーラムには、学生や市民ら約150名が参加しました。
2008年12月10日 野口忠教授が朝日新聞、岐阜新聞(2008年12月10日各朝刊掲載)に紹介されました。大垣商工会議所の食品安全管理エキスパートの養成講座において、「食を取り巻く課題」という題目にて講義をされました。
2008年11月8日 玉田敦子研究員が日本フランス語フランス文学会学会奨励賞を受賞。外部のページが新規ウィンドウで開きます
2008年7月25日 古澤礼太研究員が、中日新聞(2008年7月25日朝刊掲載)に紹介されました。スペイン・サラゴサで開催された「水と持続可能な開発」をテーマにした国際博覧会において、2005年日本国際博覧会の理念継承事業として、市民参加企画を実施しました。
2006年5月20日 野口忠教授が日本栄養・食糧学会功労賞を受賞。外部のページが新規ウィンドウで開きます
同教授は、1999年4月には日本農学賞・読売農学賞を受賞されています。
2004年 「コメとアジアのひとびと」― 7人の稲作農民の生活史 ―(加藤秀俊 編)(平成15年3月出版)がユネスコ(国連教育科学文化機関)UNITWIN(大学連合共同研究)賞を受賞。