研究成果

HOME > 研究成果 > 研究会・シンポジウム : 「高等教育アウトカムズ」研究会

「高等教育を考える―アウトカムズを中心に―」研究会

趣旨

この研究会では高等教育全般のアウトカムズを主題といたしております。
アウトカムズとは、適当な訳語がありませんが、それに近いものとして、「成果、反響、効果の視点からの評価」といったものが考えられます。申すまでもないことですが、現代は、まさに科学技術が生活に深く浸透し、社会の機構も複雑になっております。本学では、かねて「学の融合、学の総合」に関心をもってまいりました。この機会に、アウトカムズという共通のキーワードを用いながら多様な分野の先生方のお考えを伺い、また外部の先生方にもご講演をいただくなどを企画し、現代の高等教育のアウトカムズ研究を進めてはいかがかと考える次第でございます。

平成19年1月26日
中部高等学術研究所
副所長 野口 忠

これまでの講演者とテーマ

講師
長島 昭(中部大学中部高等学術研究所特任教授)
演題
「大学に先生は必要か」
講師
井上 輝夫(中部大学人文学部・学監)
演題
「大学の機能と高等教育のパラダイム」
講師
山内 睦文(中部大学工学部・学長補佐)
演題
「工学部の教育改革と教育におけるアウトカムズ」
講師
岩田 修一(中部高等学術研究所客員教授
・東京大学大学院新領域創成科学研究科教授)
演題
「教育のアウトカムズを向上させるためのささやかな試み」
講師
永野 博(中部大学中部高等学術研究所客員教授・政策研究大学院大学)
演題
「わが国の科学技術政策の課題」
講師
小野 桂之介(中部大学経営情報学部・学監)
演題
「学部教育が抱える問題への対応」
講師
中島 秀人(東京工業大学大学院社会理工学研究科)
演題
「日本の科学/技術はどこへ行くのか」
講師
玉田 敦子(中部高等学術研究所研究員)
演題
「『教養』教育は可能か?」
講師
飯吉 透(中部大学中部高等学術研究所客員教授
・米国カーネギー財団上級研究員)
演題
「中央教育審議会報告「学士課程教育の構築に向けて」を読んで
―日米両国における大学ビジョンの比較を中心に―」
講師
伊藤 康彦(中部大学生命健康科学部)
演題
「新しい医科学への道―高橋晄正の目指したもの―」