概要

HOME > 概要 > 中部高等学術研究所について

中部高等学術研究所について

 中部高等学術研究所は、1996年に大学直属の研究所として、また私立大学ではわが国初の大学共同利用研究所として設置された。以来「学問の再構築」を目的とした文系・理系の枠にとらわれない共同研究拠点として活動を行い、学内のみならず国内外の多くの学外研究者が研究活動に関与してきた。これまで、「アジアにおける伝統文化」、「人間安全保障」、「学問の再構築:はかる」、「高等教育を考えるーアウトカムズを中心に」等をテーマとして共同研究が行われた。その成果は、ユネスコ大学連合共同研究賞の受賞(2003年)、「<はかる>科学」(2007年 中公新書)や「変容する現代の大学教育を考える」(2012 風媒社)の上梓に繋がった。


 2007年より新しいテーマとして、「持続可能な発展のための教育(Education for Sustainable Development :ESD)」を取り上げ、この活動を中部大学の一つの核とすべく2009年に「国際ESDセンター」を研究所の附置センターとして開設した。更に2011年には、地理情報システム(Geographic Information System :GIS)の研究推進拠点として「国際GISセンター」を附置センターとして開設した。このセンターは、2014年に文部科学省 より共同利用・共同研究拠点として認定された。中部高等学術研究所は、「持続可能な発展」が21世紀の人間社会の基本的な価値観になるとの認識に立ち研究を展開している。